楽器とメンテナンスの関係

楽器は何もしなくても、常に最高のコンディションを維持してくれるものではなく、日頃のお手入れやメンテナンスを怠ると音が悪くなったりする事もあります。ですので、楽器の演奏者はお手入れや定期メンテナンスは忘れないようにしていきましょう。また、楽器によっては、専門のメンテナンス業者の利用をおすすめします。メンテナンス業者では、パーツ交換やバランスやタンポ調整のほか、管楽器なら管内洗浄を行ってくれます。音を良くするためだけではなく、清潔な状態で楽器を使いたいなら、やはりメンテナンス業者に出したほうが安心です。ちなみに、業者によってはメンテナンスをしてもらいたい楽器を引き取りに来てくれたり、再設置まで行ってくれるところもあります。

メンテナンスに出すときには早めの予約を

楽器メンテナンス業者に出すときには早めに予約を入れたり、予約を入れる時期を変えると予約が取りやすくなります。例えば、コンクールが頻繁に行われるシーズンになると、楽器メンテナンス業者も混み合いますので、その時期は避けたほうが良いです。また、メンテナンス業者に出している最中は、預けてる楽器が使えない状態になりますので、何日でメンテナンスが終わるのかなども予約時には確認しておきましょう。楽器のパーツ交換なら直接お店に持っていけば、即日交換をしてくれるところもありますが、管内洗浄などは一週間以上の時間がかかることも多いです。ですから、余裕を持ってメンテナンス業者に予約を入れることはとても大切なことです。

木管楽器の一種で、サックスは略称です。正式にはサクソフォーンまたはサクソフォンと呼ばれます。クラシックではアルト、ジャズやポピュラーではアルトとテナーが良く使われます。